ようつべプロレス日々一本

プロレス、相撲、格闘技の名勝負をピックアップして 紹介していきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カール・ゴッチvsアントニオ猪木 

カールゴッチが戦っている動画です

相手は猪木です

やや、白パンの山本小鉄が気になるところではありますが・・・

解説者がゴッチの経歴を語るのを聞くにつれ、凄いレスラーだなと感心します





パート2



パート3



しかしこのゴッチさんが唯一後継者と認めたのが木戸修なんですねー





スポンサーサイト
[ 2007/08/01 00:56 ] カールゴッチ | TB(0) | CM(0)

「プロレスの神様」カール・ゴッチさん死去、82歳 

“プロレスの神様”として日本のプロレスにも多大なる影響を与えた

カール・ゴッチさん(本名カール・イスタス)が28日午前9時45分(現地時間)

フロリダ州タンパにて亡くなった。享年82歳。死因等の詳細は現在調査中。

ゴッチさんは1924年8月3日、ドイツ・ハンブルグ出身。

9歳でレスリングを学び、18歳でプロレスラーとしてデビュー。

53年にスネークピット(蛇の穴)ことビリー・ライレー・ジムに入門し、

サブミッション(関節技)を磨く。その後、カナダを経由してアメリカに渡り

「カール・クラウザー」のリングネームで活動。61年より初代世界ヘビー級王者の

フランク・ゴッチにあやかりカール・ゴッチを名乗り始める。

初来日は61年5月に開始された日本プロレスの第3回ワールドリーグ戦。

この時、日本初公開となるジャーマン・スープレックス・ホールドを披露した。

62年にはオハイオ版AWA世界ヘビー級王座を獲得するも、

アメリカのプロレスシーンにおいては実力者であるがゆえに水が合わず、

以降は日本のプロレスとの関係を密接化。日プロが強化コーチに招

き長期滞在し、

その「ゴッチ教室」でアントニオ猪木との強い結びつきができる。

国際プロレス参戦をはさみ、72年猪木が新日本プロレスを旗揚げすると、

旗揚げ戦の相手に名乗り出て、外国人選手のブッカーに就任。

新日本を内外からサポートし藤波辰爾、藤原喜明、佐山聡、前田日

明などを輩出。

その後もゴッチ門下生は船木誠勝、鈴木みのる、西村修、石川雄規

の代まで続いていく。

最近では藤波、西村の無我ワールドの名誉顧問に就任したばかりだったが…

83歳の誕生日を目前にしたところで、神様は天に召された。

うーむ、悲しいですなぁ

プロレススーパースター列伝の一言が忘れられません

心配するな猪木

一人の超大物レスラーが日本へ行き一緒に戦うからな





[ 2007/07/29 22:17 ] カールゴッチ | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
PageRank
フリーエリア

リファラーをSEOに役立てるシステム



名刺の作成から名刺印刷まで名刺の事ならマヒトデザイン

撮りたいものを撮ってみよう。残したいものを残してみよう。ビデオカメラ レンタルしてみよう。そんなあなたの思い出をしっかりとビデオカメラでとらえよう。
フリーエリア2





  • seo


パソコン修理ならお直し隊にお任せ!

イルミネーションのことならアイルワン!特価イルミネーションがおすすめ

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関東圏内の引っ越しはカルガモ引越センターが安くて良かったですよ
タイヤ
人気のタグ
ブログ広告.com ブログ記事を書くだけでお小遣いが稼げる簡単アフィリエイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。